ヨガの凄い効果

冷え症の解消
自分の内面を見つめる(対話する)ことが出来る
普段の生活は眼や耳など五感を通して体(脳)は外界の刺激にさらされています。眼を閉じて深くゆっくりと呼吸し、瞑想やアーサナをすることによって外の刺激を遮断し自分自身の内面に向かうことができます。瞑想は脳のリラックスを。アーサナでは心地よい筋肉の刺激を。どちらもわずかな感覚を自分自身で感じるられるよう集中することで深く内面を意識することができます。内側の感覚に眼を向け対話する感じです
家族にも休養や支援が必要です
患者さんのヨガしたとき、家族もとても苦しい状況に置かれます。そのような苦悩している状況に ありながら、家族は患者さんを支える存在として、支援を提供する役割を担うものと周囲からも期待されがちです。そして家族自身もそのように思っている場合もよくあります。患者さんのためにできる限りのこと
をしたい、それにはもっと自分が頑張らなければいけない、でも頑張れない そういった思いから、家族
も疲れを感じたり、落ち込んだり、自分自身に憤ったり、誰かに当たりたくなったりして、気持ちも休も、 思うように動かなくなることがあります。患者さんの状態によって家族も元気になったり沈みがちになった りするものです。