ヨガの効き目

ヨガの効き目と言うと、肉体的な面に目が行きがちかもしれません。
もちろん体への効き目はあるのですが、うつ病をはじめとする精神面への効き目も見過ごすことはできません。
「病は気から」という言葉が昔から言われているように、精神的に不安定な状態ではやがて肉体的な病気を引き起こすことになるでしょう。
厚生労働省では、うつ病などの精神疾患をがんや脳卒中などと並ぶ五大疾病の一つとして重点的な対策を行うことを決定しています。
それほどうつ病を抱える人が増えているといえる現在、うつ病を引き起こす因子は社会の中に増えています。
そこで、ヨガはうつに有効な手段として考え始められているのです。
ヨガがうつ病に効き目する理由
ヨガが、うつ病をはじめとする心の病に効き目があるとされている理由の一つには、緊張を和らげる効き目があると言われていることが挙げられます。
うつの状態にある人は一般的に、交感神経が常に活性化していることが指摘されています。
そこで、副交感神経を優位にさせてリラックスする必要が出てきますが、その力がヨガにはあるのです。
人間の姿勢と、その人の精神状態には深い関係があります。
気分障害を持つ方には、姿勢が良くない方が多いという事実があります。
ヨガのポーズを実践することによって、姿勢を正すことが可能になります。
さらに、ヨガのポーズによって筋肉の緊張はときほぐされます。
すると深く呼吸をすることができるようになって、ストレスや、抑うつ感情を自分でコントロールすることがある程度できるようになると考えられているのです。
ヨガ療法のひとつである、ブリージングエクササイズは有効な手段のひとつとされ、呼吸をさらに深くするのに役立ちます。
これは、声を出すことにより長く深い呼吸を意識的にできるようにするものです。