五月雨ヨガの効き目_ 0

一年の最も美しい時、夜の夏の夜は涼しい、最も美しいことは数霧雨綿綿.最も美しい時に最も美しい事が発生して、あれは本当に人生1大快事.

夏の夜、夕風は徐々に.湿った風は、寒さをちくちく、今までの燥熱を歩いていた.梢がJOG、無語で語らないように.

一人で散策する巷で、目的もないない、方向は風の中を歩く.いつの日か、自分も忘れてしまって、風のリズムに従って歩いていくと、自分も忘れてしまって.

町の喧噪を離れ、ちくちく風の音に耳を傾け,二耳徐々に陶酔して、天地の間も静かになって、風の音だけが殘.柔らかな髪が風に吹かれ、髪型が乱れても気にしない.

風が頬を吹き抜けるて、そっとキスして、少し細い雨滴は永遠に頬に殘ていた.はい、雨です!五月の雨!いたずらな子
,ヨガの効き目、風にはしゃぐ、時には東へ向かって西へと向かっていた.雨は大地に落ちて、彼女たちの帰る場所を探し当てて、その中に入っていない,一瞬消えて消えてしまった.歓迎、大地は土の香りを散らして.木の葉は雨水の浸食に、淡い光のように.雨はほこりを洗い流し、また世界一度は.

雨、ちらほら滴りの下、世界はもっと静かになって、音の音の音を除いて音の音を除いて、1つの音の音も聞きませんでした.

私は今まで歩いて、やはりそのように目のない、方向で、ただ心の中に少し冷ややかな喜び、雨はやはり何かです……