健康維持のヨガ

ダイエット
健康維持ヨガは有酸素運動なので、続けることで代謝が上がり、体の隅々まで血液を流すことができるようになります。そのように体が変化することで、肥満の原因である冷えを解消することができ、汗をかくようにもなります。また、ヨガのポーズによって遅筋という細い筋肉を鍛えることができ、しなやかな筋肉を付けることができます。患者さんがしてほしいことをしてあげましょう
患者さんにとって家族からの支援は何よりもいものです。家族としてできる限りのことを患者さんに してあげたいと思うことはとても自然なことですが、もしかしたら家族がしてあげたいと思うことと、患者 さんがしてほしいと思っていることは違うこともあります。患者さんは時には何もしないでひとりの時間が ほしいときもあるかもしれません。
そうはいっても患者さんが望んでいることを理解するのは簡単なことではありません。患者さん自身が何 をしてほしいのか整埋がつかなくなることもあります。そのために科段の毎の生活で意識的に語り合いや会站をし、その中で患者さんが「望んでいること」をその都度、家族も問い煎すことが大切です。時にはち ょっとしたユーモアが話しやすい環境をもたらすこともありますし、お互い向き合うより並んで散歩でもしながら話してみるとふと本音が出たりするかもしれません。
寝ている間に炭水化物を消化し終わり、カラダの中に栄養物が無い状態で行う朝ヨガは、次に脂肪を燃焼しようとしているタイミングで行うことができるので、効率よく脂肪を燃焼、シェイプアップには効果的です。硬くて代謝の悪い朝の身体をすこしずつ引き伸ばし、血液の循環をよくしていくことで、心身共に立ち上がりがグッと良くなり代謝もアップ。続けることで体質改善の期待ができるのです。