児童プライバシーポリシーを守ることから子供を健康生活させよう

先日広東、香港、マカオから初めて行なわれたの児童フォーラムで何人かこどもから児童プライバシーポリシーを守ると提出しました。調査によると現在の多くの子供は両親が日記を窺うことを防備するために、わざわざ両本日記を書いています。1冊は“作り事”を書いて、もう1冊は“本音”を書きます。この行為で子供の心理でちょっと傷が出ているそうだ。これは子供の健康生活に良くない。

プライバシーポリシーに対して、広州市婦女連合関係者から子供は自主的人格と心理があって、彼らに自主的空間を与えるべきで、だれでも任意で制限してはいけないと派手な理由で彼らのプライバシーを任意で明かしに行ってはいけないと明らかに説明しました。そのように彼らの心身の発展及び健康生活に非常に不利と証明しました。

広東大同弁護士事務所の梁弁護士は国内国際多項目法律がすでに児童の法的権利のために有力に保護することを提供したと紹介しました。《未成年保護法》の第30本で児童のプライバシーポリシーに対してはっきり「どんな組織また個人でも未成年の個人プライバシーを披露するのは禁止だ。」と規定しています。《国連児童権利条約》の第16本も同じくはっきり「児童のプライバシー、家庭、住宅また通信は任意で干渉することが禁止だ」と規定しています。

だから、子供が健康生活できるために親たちは法律に従って子供のプライバシーポリシーを守るべきだ。