灸のヨガの効き目作用は調理好みのびくびくして冷たく灸つぼ

寒がり、多くの人は寒がり、一般女性は男性に負け越し、多くの中高年には冷え性の症状があり、これは陽の不足の典型的表現.陽の息の不足、体内で発生した熱が足りない、陽が足りない、自然が寒がりな状態にして、林国华教授によると、灸関元穴は腎臓を補って固元防寒.灸属陽、灸燃焼時の生む熱量の助けを借り、灸火の温和熱作用を通じて、経絡の伝導、腎臓を補って固元防寒の役割.

好みのびくびくして冷たく、灸つぼ.明代の漢方医の学者张景岳、三焦痛症、寒者は八十.彼は、寒は結,ヨガの効き目、温则通、胃痛いびくびくして冷たい証は多くて、治療宜温通補う調子.自分好みのびくびくして冷たくしているか?普段胃痛かすかに疲れや食冷や冷え後発作や痛みを強めて、とても容易下痢が止まらない、食欲がない、口淡ない水が飲みたいの、多くの人を好みのびくびくして冷たく.

いくつのつぼは、治療の好みのびくびくして冷たく類胃腸病でよく使われるように、足三里、中かん、関元、内関など.

足三里は足陽明胃经の主なつぼの一つは、強壮心身の大きい穴、凡是腹腹部位の問題を利用され足三里このつぼに治療.穴を取り時、外膝の眼で4横から,腓骨と脛骨の間に、脛骨の横量1横から、当所は.中かんは上腹部、臍の中に治療することができよんしよ寸、胃痛、吐き気、腹部膨満など.内関は広い胸解鬱、行ガス鎮痛の穴は、腕の真ん中に,手首に寸の所ストライプ .