産後ヨガの練習は心身への助け

すらりとした体つきの回復

適切な産後ヨガ運動は血液循環を改善し、皮膚の張力を回復し、脂肪蓄積を減少します。更に、腹部、臀部、太 ももなど余分な脂肪、妊娠前のすらりとした体つきを回復します。産後の6ヶ月は体の回復のゴールデンタイムですから、お母さんは時期を把握し、ヨガ動作と ヨガ菜食の栄養の食事を協力し、あなたに思いがけないサプライズもあります。しかし、産後の体内各関節の組織がたるんでいますから、運動量は緩やかに増 え、そして指導教官の指導により、運動傷害の発生が避けてしまいます。

産後の心理状態の調整

ヨガを訓練することは生まれたば かりのお母さんを助け、そして、母親としての生理的、心理的な問題も取り除きます。たとえば形体の回復、不眠症、ホルモンバランスで気分の変化と新生児の 配慮への挑戦に直面しています。産後ヨガは各種特定の体式、有効な呼吸、静かな瞑想、お母さんが心理状態をうまく調整され、十分な勇気で新たな生命と新し い自分の役は、産後のうつ病を予防されています。

体のエネルギーの回復

妊娠期間、妊婦は体力が衰退し、産後は体が衰弱し、精 神が振るわがちです。ヨガ運動は体エネルギーの回復に対して莫大な助けがあります。産後の回復は体の回復だけでなく、体の各臓器に回復することもありま す。つまり、10月の妊娠は妊婦にとって、体の各臓器はすべて異なっている程度の変化があります。

乳房の下垂症の予防

産後のヨガを鍛えてから、新しいお母さんの乳を十分に与えされます。それとも、赤ちゃんに良性、喜び感、健康の乳を与えます。その同時に、新しいお母さんたちは哺乳後胸にしっかりとして、弾性があり、乳房下垂を防止することもできます。

骨盤の筋肉張力の再建

生 産後、骨盤筋肉の組織がたるみになるかつ張力が弱くなります。適度なヨガの訓練は曇り筋肉の弾性も促進し、子宮収縮も予防し、子宮、膀胱、膣落下も予防し ます。それとも、子宮は正常位置を回復され、骨盤の筋肉を増加し、骨盤臓器の力を支えます。だから、圧迫性尿失禁の発生を予防します。