男性は、3つのヨガの効き目個性的な危険期に生きる

pのサビの中の性生活は人の激情の澎湃、しかしたまに危険に遭遇することができます.男性の科の医師によると、男の人は一生の中で出会ういくつか気に入らない時、そのさん個性危険期は、それぞれ新しい婚期、七年のかゆみと男性更年期.この3つの段階で、男の性を延長することができます.

新しい婚期<P>に新しい婚期

新婚期は結婚後、やがて有性生活を始めたばかりです,
レビトラ.この時点で男性は性に不協和あるいは不妊の問題にぶつかることができます.この男と欠乏性知識関係が射精が速すぎて、勃起が十分でない、性生活後シリーズの体の反応、不妊など、続いて恐怖や不安.このような不良心理はまたいっそう影響性表現に影響し、悪循環をもたらします.このときはリラックスして、もっと知識を理解して.また、妻の慰め、配慮は最高のワクチン、夫を助け心理的負担、気楽に出陣する.

pは七年の痒いというのは七年の痒いで」.結婚してからとなる人もいるかもしれないが、頭が痛くなっても、三年年からむずむずになるかもしれない.二人並んで毎日直面したのは、子どもの学校、老人ごっこ病気などの生活のこまごました事,ヨガの効き目、容易な出現の審美疲労や性欲低下.左手で右手の平淡な生活を、夫婦でも新婚時の情熱はない.この時点で夫婦はコミュニケーション,コミュニケーション、新しい方法を試みて夫婦生活を調整するようになります.女性が多い換換造型、セクシーな下着を着て性交にきれい、二人一緒に思い出に恋するロマンチックで、たまには試しコスプレなどの小さいゲームを維持し、夫婦間の新鮮な感.

p更年期障害

よんじゅう代の男性が、男性ホルモンが減少、気力、体力低下や性欲に入る更年期.男はそのため、気短、焦慮.これは正常な生理の段階で、夫婦はすべて分かって、これは正常な生理の段階です.男はまた若い時ぴちぴちし,妻も可能で、閉経が膣は乾燥して、まだが円満な性生活.普段はよく甘い言葉、愛撫、キスなど、とても良い性愛でした.

Pは仕事を調整する

を調整する

このほか、男性はもう以前のように一生懸命働いて、あまりに激しいスポーツ活動に参加したり、仕事の内容や目標を調整.