覚醒体操を、ヨガの効き目あなたにする

出版社の仕事の張さんは最近よく目覚まし時計の音が聞こえないで寝すぎ、目を開けてみると、驚が早く遅れてしまい,急いで出かけて、バスで化粧をしている.

会社に着いてから、まだ頭が目が覚めるように非だけでなく、忘れ忘れて西も東、会議で何かいいアイディアが出ないと、私も毎日は憧れで暖かい日光の下で目が覚めて、昨日の疲れが霧のように消えるように、そして清々しく出かける……彼女は自嘲道を自嘲した.これはすべての人の願望で、現在は8つの体操はこの願望を実現することができます.

に重点を置いている

この八個の体操は主に背筋、首のストレッチを通して、睡眠中の体を活動状態に切り替える.

睡眠中の筋肉は緩ん,ヨガの効き目、起きるとき体は特に柔らかく、背筋は睡眠中に圧迫されているので、背筋はかえってこわばっのです.

しかし,活動体の中枢神経は首と背筋で、背筋がたるん、血液循環、体の運動神経が目が覚めにくい.



それに神経は背骨から全身まで延びて、輸出は圧迫して、もちろん体の活動力が悪くなります.

このときベッドにいると、背筋体操はすぐにはできます.

背部背部筋肉、血液循環を促進し、呼吸に合わせ、大量酸素を吸入し、体にも活動の準備をして.

呼吸には無意識の呼吸や意識呼吸、応用意識呼吸制御自律神経、スポーツのように、意識的な呼吸のリズムを加速して、だんだんの心臓の鼓動を加速させ、身体活動に入る状態.

動物に勉強する

起きる後にストレッチ運動が筋肉と目が覚めてもいいです.ストレッチ体操も柔らかな腱、靭帯、関節、活動神経システム.

筋肉の中に神経細胞がある、筋肉を伸ばしないと、神経の伝達が遅れても
.

「睡眠時、長い時間で同じ姿勢を保つために、全身のストレッチは非常に必要です、これは猫、犬が伸びていることを観察することができるということです.

1/1 .ストレッチバックは自律神経を活動状態にする.手は手を握って、つま先は、背中からゆっくりと両頭、ストレッチ、リラックス時息、3∼5回.

足に担ぎ、前侧に倒れて、枕元に出会うまで、意識が集中して背筋に集中して、3∼5回もします.